エコハウスを見直す

エコハウスというと、最新式の技術を駆使した住宅だと考える人がいるかもしれませんが、それは違います。というのも、エコハウスが広まるに従って、古いものを見直す考えの人たちが増えてきたからです。

 

新しいものを生み出すばかりが、環境のためになるわけではないと考えられているのですね。日本にも、昔から環境にマッチした暮らし方が伝わってきたはずです。

 

例えば、パッシブソーラーハウスはそんな伝統を受け継いだエコハウスの一つです。太陽は、夏には高くなり、冬には低くなります。それを利用して、夏には屋根のひさしで光を遮断して自然換気を行ったり、冬には窓からの光で断熱効果を上げるのです。これにより、年間を通じて快適な室内環境を保つことができます。でも実は、これは日本の古民家に共通した概念なのです。

 

同じように、使う素材に木材を優先したり、土を壁に塗ることで住宅全体を呼吸しやすくすることが自然環境に即した暮らし方につながります。夏場の気温の高さや直射日光を防ぐために、つる植物を利用して凌ぐ「緑のカーテン」も昔からの知恵の一つでした。

 

住宅そのものが自然環境と同化しているツリーハウスが見直されているのも、自然への回帰現象の良い例でしょう。雨水を利用して屋上緑化システムを作ったりするのは、従来にない最新のアイディアを駆使したエコハウスです。新しいアイディアと古くからの知恵が共存するエコハウスこそ、注目されていくべき住宅なのでしょう。